うつ病・症状

うつ病で使われる代表的な5つの薬!知っておきたい薬の特徴とは?

更新日:

うつ病で使われる代表的な5つの薬!知っておきたい薬の特徴とは?

うつ病に使われる薬といってもその種類は一つではなく複数あります。症状によっていろんな種類が使い分けられており、その一つ一つで特長や注意点も異なっているのです。

よって、薬を使ってうつ病の治療を行う際はこの点に注意して、どんな薬の種類があるのか、またどんな注意点があるのかを知っておくといいでしょう。

そこで今回は、うつ病で使われる代表的な5つの薬と特徴についてご紹介します。

 

①うつ病の不安を抑える薬―SSRI

うつ病で使われる代表的な5つの薬!知っておきたい薬の特徴とは?

世界中で最も広く使われているうつ病の薬といえば、SSRIでしょう。こちらは選択的セロトニン再取り込み阻害剤とも呼ばれるもので、不安が強くて抑うつ状態の強い患者に用いられています。

特に不安を抑える作用が強く、セロトニンの量を、神経細胞と神経細胞の間で調整することができます。

副作用は消化器系の症状に注意が必要で、下痢、便秘、嘔吐、吐き気などが現れることもあるので注意しなければなりません。

こうした症状は比較的短期間で消えますが、症状が長引く場合はすぐに専門医に相談する必要があります。

 

②ノルアドレナリンにも作用して不安を抑えるうつ病の薬―SNRI

うつ病で使われる代表的な5つの薬!知っておきたい薬の特徴とは?

スポンサーリンク

うつ病の治療の中でも比較的新しいものがSNRIです。こちらはセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬と呼ばれるものですが、ノルアドレナリンとセロトニンの再取り込みを食い止める作用があります。

こちらは使用が認められたのは2000年なので、比較的新しいイメージのある薬でもあります。

 

③重篤な副作用に注意したいうつ病の薬―NaSSA

うつ病で使われる代表的な5つの薬!知っておきたい薬の特徴とは?

SSRIやSNRIと同等の効果をもつ抗うつ薬ならNaSSAがありますが、こちらはノルアドレナリン作動性、特異的セロトニン作動性とも呼ばれています。

NaSSAの特長は、服用することでセロトニン、ノルアドレナリンの作用を増強させられることです。

注意点としては副作用が高頻度で見られることですが、便秘、倦怠感、口渇、傾眠の発生に注意しておかなければなりません。

また重篤な副作用もあり、黄疸、肝機能障害、痙攣、好中球減少症、無顆粒球症、セロトニン症候群には特に注意が必要です。

 

④副作用に注意が必要なうつ病の薬―三環系抗うつ薬

うつ病で使われる代表的な5つの薬!知っておきたい薬の特徴とは?

三環系抗うつ薬は、うつ病を改善する効果をもつものとして、SSRIやSNRIと同じように広く使用されているものです。

こちらは効果もさることながら副作用に注意が必要で、抗コリン作用と呼ばれる種々の症状が現れることがあるので、そのことを知っておいてください。

口渇、排尿困難、便秘などの副作用が起きることもありますが、これらはアセチルコリの働きを抑制してしまうことから生じるとされています。

 

⑤三環系抗うつ薬の副作用を軽減する薬―四環系抗うつ薬

うつ病で使われる代表的な5つの薬!知っておきたい薬の特徴とは?

スポンサーリンク

四環系抗うつ薬は、三環系抗うつを飲むことによって生じる副作用を影響を軽減するために開発されたもので、排尿困難や便秘などの抗抗リン作用を少なくするのが特長です。

こちらはセロトニンの再取り込み阻害作用はなく、選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害剤となります。

 

うつ病の代表的な薬について良く知っておこう

うつ病で使われる代表的な5つの薬!知っておきたい薬の特徴とは?

うつ病には薬の服用は欠かせないものですが、病院で出されたものをそのまま飲む、という意識ではなく、出された薬にはどんな副作用があるのか、どんな効果が期待できるのかなどを、きちんと把握しておくことが大切です。

うつ病患者自身の病状が重くて管理ができない場合、その家族がしっかり理解して、薬の管理をしてあげられるといいですね。

他にこんな記事も読まれています

-うつ病・症状

Copyright© うつは治る!うつ病の治療法や克服方法まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.