モラハラ

「職場いじめ」の実態とは!?いじめの3つの分類とトラブル対策5選

更新日:

「職場いじめ」の実態とは!?いじめの3つの分類とトラブル対策5選

子どものいじめはいつの時代も社会問題のひとつとして取り上げられていて、新聞やニュースなどで頻繁に耳にしますよね。

学生時代が終わって社会人になったあとも、人間関係の巡りあわせによってはいじめトラブルに巻き込まれる場合があるかもしれません。

子供の頃だけでなく、大人になってからも職場でのいじめに遭遇し、悩まされるケースは先進国全般にあてはまるといいます。

せっかく希望した仕事に就いたにもかかわらず、人間関係を理由に職場を追われてしまう事態なんて誰だってイヤですよね。

ましてや自身に落ち度がないのに、延々と悩まされ続けるだなんて誰だって避けておきたいと思うはず。

今回は、職場いじめの3つの分類とトラブル対策5選をご紹介していきましょう。

 

「職場いじめ」は大きく3つのハラスメントに分かれる

「職場いじめ」の実態とは!?いじめの3つの分類とトラブル対策5選

ネットで「職場いじめ」と検索してみると、

  • モラルハラスメント
  • パワーハラスメント
  • セクシャルハラスメント

と、大きく分類されています。

スポンサーリンク

精神的な圧力を延々と掛け、執拗に攻撃するのがモラルハラスメント。

上司である立場を悪用し、理不尽な要求を繰り返し、相手を苦しめるのがパワーハラスメント。

そして、性的な質問の返答を迫るなどの嫌がらせが、セクシャルハラスメント…といった名称に分けられます。

このうち「職場いじめ」で、もっとも多いパターンはパワーハラスメントで、相談件数は全体のおよそ80パーセントを占めるといいます。

上司から部下への圧力に耐えかねて、精神的に追い詰められる被害は決して他人事ではなく、身近に降り掛かってくるリスクが多くの人にあてはまるはず。

職場いじめとは、具体的に5つ挙げてみましょう。

  1. 同僚からの無視
  2. 自分だけ業務連絡が来ない
  3. 休日にも電話を掛けて説教される
  4. 嫉妬による嫌がらせ
  5. 追い出し部屋に閉じ込められる

といった被害に遭うケースが多く、悩んでしまう人が多いのが実態です。

1. 同僚からの無視

チームワークが欠かせない職場で、自分だけ存在しないかのように扱われるいじめ。

2. 自分だけ業務連絡が来ない

上記と同様に、次に何をするのか業務の連絡が来ないため、余計に周囲から怒りを買う悪循環が怖いいじめ…。

3. 休日にも電話を掛けて説教される

本来、休める日にも関わらず、執拗に仕事に関する叱責を電話やメールで繰り返すという精神的に辛いいじめ。

4. 嫉妬による嫌がらせ

自分の気になる同僚との関係を邪魔したとか、あなたがいなければ彼と付き合えたのにという異性関係のもつれからくるいじめ。

5. 追い出し部屋に閉じ込められる

会社都合によるリストラ費用を抑えるため、自発的に退職させたい相手を何も業務をさせない目的で「追い出し部屋」に閉じ込め、退職するまで追い詰めるいじめ。

スポンサーリンク

このほかにも、さまざまなパターンがあるのですが、職場いじめは精神的に大きな負担になる内容が多いため、早急に対処しておくことをオススメします。

いずれの場合であっても、いじめられる側が退職するまで執拗に繰り返されるため、被害に遭遇したら深刻化させない対策が求められます。

 

職場内のいじめ対策5つのポイントとは?

「職場いじめ」の実態とは!?いじめの3つの分類とトラブル対策5選

精神的にタフな人であれば、涼しい顔でいじめを流せるのかもしれませんし、直接加害者に向かって徹底的に強い口調で抗議するのも問題が無いかもしれません。

が、そんな人ばかりなら苦労はしません。

それに、いくらメンタルが強い人であったとしても、長期間の嫌がらせを受けつづけて平気でいられる人なんて極めて稀でしょう。

いじめてくる加害者が集団だった場合で、助けも期待できないのなら、延々と苦しい仕打ちを受け続けることになります。

どういった方法を私たちは選択すればいいのでしょう?

①仕事を選ぶ際は「ブラック企業」などの会社を選ばない

職場いじめに巻き込まれないために、最初に考えておくべきは「問題ある場所で働かない」という点を意識しておきましょう。

頻繁に求人募集をしている職場は出入りが激しい証拠で、あなたが無事に採用になったとしても長く居られないかもしれません。

職場に大きな問題があるからこそ、多くの人が辞めてしまうと判断ができますよね。

事前に会社の評判を聞いたり、そこで働く人と関わりのある人から話を直接聞いたり、経営者の評判を知ることで、職場いじめのリスクが伴う職場かどうかをチェックしてみることをオススメします。

「ブラック企業」と言われる会社では、職場いじめがセットになっている可能性が高いため、避けておいたほうが無難といえます。

② 職場いじめに直面したら体験談を参考にする

職場内でのいじめはあなた一人だけに当てはまる悩みではありません。

先進国全体で職場いじめは大きな問題となっているのをご存知でしょうか?

一人で延々と悩む前に実践しておくべきは、ひとつでも多くの体験談を知っておくことです。

職場いじめに関するネット・書籍といった体験談に目を通しておけば、その後の対策の助けになるはず。

克服していった成功例を参考にしつつ、今後どのようにいじめに向き合うのかを積極的に考えていきましょう。

③相談する際は加害者より立場が強い人や「法テラス」などの機関にする

いじめの対処策として、会社の規模が大きい場合は、自分と気の合う先輩に助けを求めたり、別の部署の上司に救いを求める方法も有効ですし、できればいじめを行う加害者よりも立場の強い人が好ましいです。

また、いじめのカウンセリングを設置している職場であれば、思い切ってありのまま相談してみるのも賢明な方法といえます。

ただ、社長の近しい人が加害者の場合だと、問題は延々と続き解決が難しくもなるはずです。

目に余るほどの悪質なケースなら、証拠を保全して法的措置を講じる毅然とした態度を取るべきでしょう。

いつに誰からどのようなことを言われたのか、きちんとメモして記録に残しておくことを、忘れずに行ってみてください。

また、法的手段に訴える際は、メモ以上に音声として録音・保存しておくとより有利な証拠として扱われます。

近頃はスマートフォンにも録音機能が搭載されているので、気付かれないように証拠を集めておくと良いでしょう。

スマホを持っていなかったり、扱いに自信がないのなら、音声録音に特化した機器である「ICレコーダー」を用意し、証拠を残す環境を整えておけば大丈夫。

自分が理不尽な形でいじめられている証拠を揃え、弁護士との相談で確認してもらい、適切なアドバイスを貰って加害者側と戦えば不利になることはまずないと思います。

法律相談の経験が無い場合、法律事務所を活用するのは不安に感じるとは思います。

そんな場合は、費用面も含めて敷居が低い「法テラス」で、職場いじめの相談をしてみることから始めてみると良いでしょう。

④職場の居心地が悪いのなら転職することも一つの方法

職場全体の雰囲気がどうしても馴染めないのなら、思い切って転職してみて心機一転がんばるという方法もあります。

自分の価値観にピッタリな職場を見つけるのは容易なことではないため、安易に選択すると逆に辛くなるかもしれません。

しかし、自分の人生にとってメリットが少なく、居心地が悪いと感じるのなら、職場や人間関係をサッパリ忘れてみるのも良いと思います。

⑤死にたくなるまで我慢せず、第三者に相談するなどの対策をする

社会人になると、精神的に追い込まれるほど、人間関係に行き詰まる場面に遭遇することは、決して珍しい話ではありません。

抗精神薬に頼りつつ心がボロボロになりながら、身を粉にしながら必死で仕事をしているビジネスマンの人って意外と周囲に居たりします。

いじめられて自信を失い、生きているのが辛いという理由で、自殺を選択してしまう最悪の事態を招く事だけはなんとしても避けて頂きたいと思います。

後になってから後悔しないためにも、人間関係のトラブルは早期に解決しておくに越したことはありません。

 

いじめ問題は一人で抱え込まないようにしよう

「職場いじめ」の実態とは!?いじめの3つの分類とトラブル対策5選

いじめの問題は、いつ自分が被害者になるか分からない、身近に潜む問題として捉え、万が一巻き込まれたとしても、毅然とした対応が私たちには求められます。

また、あなたの家族や知人が職場いじめの被害にあっているのなら、一緒に乗り切るためにサポートをしてあげてください。

法律相談や第三者を介しての解決を選択肢に入れておくと、いじめで延々と悩まされるリスクから解放されるはずです。

無理のない範囲内で、できることから始めていきましょう。

スポンサーリンク




他にこんな記事も読まれています

-モラハラ

Copyright© うつは治る!うつ病の治療法や克服方法まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.