いじめ問題

いじめられる子ども4つの特徴とは?子供のいじめに親ができる対処法

更新日:

いじめられる子ども4つの特徴とは?子供のいじめに親ができる対処法

自分の子どもが健やかに育ってほしいと親なら誰しも感じるでしょう。

親として、自分の子どもが「いじめ」の被害者になっているのでは…、と心配になることはありませんか?

実際に被害を受けている当事者に問いただしても、素直に現状を知らせてくれる可能性は少なく、気づいた頃には大事になっているケースも珍しくありません。

大事な子どもを守るためにも、「どういうタイプがいじめられやすいのか」を把握しておくことを考えてみましょう。

今回は、いじめられる子どもの4つの特徴と、そのいじめに親が出来る対処法についてご紹介していきます。

 

いじめられる子どもには4つの特徴があった

いじめられる子ども4つの特徴とは?子供のいじめに親ができる対処法

いじめが起こるキッカケはさまざまありますが、主なパターンは以下のような子どもは、いじめに巻き込まれる可能性が高くなる傾向にあります。

①感情表現が苦手で他人とのコミュニケーションがとりづらい子

自分の感情をうまく表現できない子どもはいじめの的にされやすく、問題が長期間に及ぶことも。

特に、オドオドした態度がクセになっている子はいじめの被害者に多い傾向にあります。

スポンサーリンク

兄弟が居ない一人っ子の場合、相手に一方的に攻撃されるような暴言を吐かれても、うまく言い返せなかったり、やめてほしいと素直に言葉に出せなかったりと、自分に振りかかる対処に困惑してしまうかもしれません。

自身の感情が苦手で、性格がおっとりしすぎている子を持つなら、自分が不当に扱われていても、困惑するだけでは、いじめる相手が面白がって事態が深刻化するおそれが考えられます。

②趣味や特技が無く運動・勉強が苦手な子どもはからかわれやすい子

あなたが子どもの頃、クラスメイトが普通に出来るような物事を、できない子はからかいの対象になっていませんでしたか?

勉強や運動が苦手でも、何かしらの特技を持つ子は精神的に強いのですが、打ち込めるものがないとますます自信をなくしてしまう悪循環に陥る場合も…。

③些細なことをずっと気にしてしまうマイナス思考な子

性格的に明るくない、マイナス思考がクセになっている子は、いじめのターゲットになる確率も上がりやすい傾向にあります。

人とのコミュニケーションがきちんと取れず、些細な事を気にしすぎていじけたままでいると、集団の中から異質な存在として扱われがちに…。

若い頃だけでなく、大人になっても、いつまでも小さな事にこだわり、気にしすぎる人は周囲から反感を買い孤立しがちになります。

④自分勝手な性格だったり元いじめっ子

他人をいじめる攻撃的な性格だった子が、ある日いきなり報復を受け、いじめられる側になるケースも多いそうです。

いじめの被害者だった子や、イヤイヤいじめに付き合わされた子が愛想を尽かし、いじめを行っていたリーダー格が逆に被害を受けるのです。

この場合、コミュニケーションが周囲と上手く取れていなかったのが大きな原因といえます。

他人に対して思いやりを欠いた言動を繰り返していると周囲の反感を買い、ある日、攻撃される側になることもあるのです。

いじめる性格の加害者となる子どものは、両親が離婚していたり、日常的に両親のケンカを目撃していたりと、家庭内に問題を抱えているケースが多い傾向にあります。

スポンサーリンク

 

親は子どもに「自分は大切にされている」という実感を与える

いじめられる子ども4つの特徴とは?子供のいじめに親ができる対処法

多くの場合、いじめられている子どもは「生まれてこなければよかった」と自信を無くしてしまう心理状態にまで追い詰められています。

子どもがいじめのターゲットにならないためにも、いじめを受けて苦しまないためにも、自信を持たせるキッカケを親が作ってあげるのが好ましいです。

子どもがどういった事に夢中になれるのかを把握した上で、長所をしっかり伸ばしてあげる工夫をしてみるのが良いと思います。

注意するべきなのは、子どもが何をしたいのか耳を傾け、意見を頭ごなしに否定するのを極力避け、親の価値観を一方的に押し付けないようにするということがとても大切です。

自信を持てば性格も自然と明るさが出てきますし、周囲との関係も改善されていくのは間違いありません。

また、親子で何でも話せるように、普段からのコミュニケーションをしっかり取る努力も怠らないようにしてみましょう。

「忙しいから後にして」
「わがまま言わないで」
「そんなの大したことないじゃない」

と、子どもに対して口癖になっていませんか?

自分が大切にされている、と子どもが思えるように気遣ってあげれば、自分が大切にされている自信につながるはずです。

気遣うクセをつけておくことで、毎日の生活の中でちょっとした変化についても気づけるようになるはずです。

 

一人で抱え込まず周囲の人やネットなどで誰かに助けてもらおう

いじめられる子ども4つの特徴とは?子供のいじめに親ができる対処法

子育ては常にトラブルに遭遇して当たり前と思っておけば、いつどのような問題に直面しても、冷静な判断がしやすくなります。

いじめの解決方法について、どういう選択が賢明なのか分からない…と疑問が出てきたら、周囲に助けを求めてみましょう。

自分よりも年齢が上の、子育て経験者からの適切なアドバイスはあなたにとっても良い教訓が得られるはずです。

この場合、周囲に頼れる人がいない…とガッカリする必要はありません。

身近に相談する相手がいなくてもインターネットを活用すれば、何も気にする必要はありません。

子育てや、いじめに関する疑問に関しては、どのような対処がベストなのかひと通り目を通し、今後の対策のヒントを得ていきましょう。

また、いじめを克服した体験談も併せてチェックしておくこともオススメします。

それでも疑問に感じる点が拭えないなら、積極的に質問をして、第三者のアドバイスをもらってみるのも良いと思います。

 

子どもに起こる変化はいじめ対策のサインとなる

いじめられる子ども4つの特徴とは?子供のいじめに親ができる対処法

子どもがいじめられているのかどうかは、正直に話してくれるばかりではないはずです。

普段から親子関係が良好であるなら、ありのままを話してくれることもあるでしょう。

しかし、親が悲しむのがイヤだとか、迷惑が掛かるという理由でいじめを隠し、何事もなかったかのようにガマンしているだけかもしれません。

いじめに遭遇した子どもは、持ち物をよく紛失したり、衣服が汚れていたり、肌に不自然なアザができていたりする場合が多々あるといいます。

持ち物の買い替える時期が、不自然なほど早くなっているのなら、注意するべきサインと考えておきましょう。

持ち物以外にも、言動や生活態度に今まで無かったような変化が出てくるので、日ごろから子どもと話し合うなどコミュニケーションを取っておくようにしてください。

いくら学校の事を聞いても話題を避けようとしているのなら、何かトラブルがあるのかもしれません。

  • 子どもの性格に急に変化があった
  • 子どもの持ち物が無くなりやすい&壊れやすい
  • お金が必要だと、おこづかいをねだるが、使い道を教えてくれない
  • 今まで仲良かった子についての話題がなくなった
  • 子どものケガを負う頻度がなぜか増えた
  • 学校の話をしてくれなくなった

このような問題が頻繁にある場合は、いじめの被害者になっているサインの可能性が高いので、対策が必要なサインと考えておきしょう。

 

大人目線でできることから対策するようにしていこう

いじめられる子ども4つの特徴とは?子供のいじめに親ができる対処法

大人とは異なり、子どもは人生経験が圧倒的に少ないため、些細な問題でも大きなストレスになりがちです。

大人の目線で見れば大したことに見えない場合であったとしても、子どもにとっては解決不能な深刻な問題に見えているかもしれません。

子どもがいじめにより精神的に苦しまないためにも、親の立場として出来ることから始めてみてください。

また、当事者としていじめに向き合う場合は、放置していても改善は難しいため、積極的に改善策を探し、行動を起こしていきましょう。

問題を放置していると、子どもの将来や人格形成に多大な悪影響も考えられる上に、誰にとってもメリットはありません。

いじめの対策について、真剣に考えるキッカケにしていただければと思います。

他にこんな記事も読まれています

-いじめ問題

Copyright© うつは治る!うつ病の治療法や克服方法まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.