いじめ問題

「ママ友いじめ」の実態!いじめにあう被害者の特徴と5つの対処法

更新日:

「ママ友いじめ」の実態!いじめにあう被害者の特徴と5つの対処法

子ども同士が集まる学校の場で、「ママ友」に関する人付き合いは女性にとって悩みの種になり得る問題ですよね。

最近では、ママ友の間でいじめによる事件が話題になったりと不安を感じている人も多いのではないでしょうか?

今回は、ママ友いじめの実態と被害者の特徴や5つの対処法をご紹介していきます。

 

噂話に悪口など「ママ友いじめ」の内容とは?

「ママ友いじめ」の実態!いじめにあう被害者の特徴と5つの対処法

ママ友同士のいじめとして考えられるのは、以下のような内容です。

  • イメージが悪くなるウソを噂話として広められる
  • グループに入ろうとしても除け者にされる
  • 無視される
  • 目の前で悪口
  • インターネット上で匿名で中傷される

このような被害に悩まされているママさんは多く、他人事と考える前に、未然に拡大を防ぐための対処法を考えておくことをオススメします。

 

「ママ友いじめ」の被害者は4つの傾向に分けられる

「ママ友いじめ」の実態!いじめにあう被害者の特徴と5つの対処法

①付き合いの悪さからいじめに発展しやすい

ママ友によるいじめの被害者になりやすいのは、「付き合いの悪い人」です。

そのため、仕事や家庭環境により、自由に時間が使いにくい女性ほど、注意をしておくことをオススメします。

スポンサーリンク

専業主婦やパートタイムのママさんと比較すると、正規雇用として勤務しているママさんは、ママ友グループに割ける時間が限られてしまいますよね。

実際に専業主婦、パートのママさんよりも、ガッツリ社会人として働いている女性は、ママ友同士のいじめ被害に遭遇しやすい傾向にあります。

最近では、SNSでの返事が遅いのを理由に、いじめの被害者になってしまうママさんもいるというのだから、子育て以外にやるべきことがある多忙な女性は気が抜けません。

また、ママ友同士の集まりに参加しない結果、話のネタにされてしまい、それが行き過ぎてのいじめというケースが珍しくないのです。

 

②気の弱い人はターゲットになりやすい

いじめ全般にいえることですが、「気の弱い人」というのはいじめの格好のターゲットにされやすく、ママ友の間でも例外ではありません。

何をされても言い返せない気の弱さに加えて、自分の考えが無く、話をすることがストレスになる相手と判断されれば、いじめのターゲットになり得る危険性がアップしてしまいます。

 

③挨拶などのコミュニケーションが苦手な人はいじめられやすい

これもいじめ全般に当てはまる話ですが、「あいさつ」「感謝」「あいづち」といった、基本的なコミュニケーションが出来ない人は相手に悪い誤解を与えやすく、いじめの被害者になるリスクが増すおそれがあります。

ママ友の場合、あなたの友人のような、必要以上に密接な関係を作る必要はありませんが、相手に失礼な態度を取らないように意識しておいたほうが無難です。

 

④妬まれる要素を持っていると睨まれやすい

周囲から嫉妬される魅力がある人は性別・世代関係なくいじめのターゲットになりやすいものです。

親族に社会的に認められる成功者がいたり、夫の年収が桁違いだったり、家庭環境が平均以上に恵まれていたり、既婚者なのにモテまくる容姿、と他人が羨ましいと思える要素を持っているママさんは特に注意が必要です。

周囲のママ友から無意識のうちに恨まれているため、いつのまにか冷たくされるいじめられる側になってしまうことも…。

身に覚えがない、ありもしない噂を流されるのも嫉妬がキッカケになっている場合が珍しくありません。

スポンサーリンク

 

「ママ友いじめ」の5つの対処法とは?

「ママ友いじめ」の実態!いじめにあう被害者の特徴と5つの対処法

実際、ママ友のグループ内でいじめの被害に巻き込まれたとしたらどうしたらいいのでしょう?

以下は、一部ではありますが、いじめの対処法を挙げてみました。

 

①加害者に直接「何が悪いのか?」とたずねる

「私がなにか悪いことをしましたか?」と質問し、納得がいく返答をもらってみる方法は効果があります。

万が一、こちらに非があるのなら、直接謝罪して誤解を解く努力をしてみてください。

いじめに理由がなく、「なんとなく」と曖昧な返答を繰り返すだけであれば、そのような人は放っておいた方が賢明といえます。

 

②たかが「ママ友」と割り切って気にせず放っておく

頻繁に顔を合わす間柄でないのなら、いっそのこと放っておいて、自分の楽しいことに専念してみることをオススメします。

ママ友は、「友」という文字があろうと、単に子ども同士の付き合いの中で出会うだけの人達です。

それは言い換えれば「あなたの本当の友人ではない」ということですよね。

冷静に考えてみましょう。

仲が良くないからといって、別に悲観的にならなくてもいいのでは…と思いませんか?

そして、ママ友は子どもが同じ幼稚園、学校といった期限内だけの関係に終わる場合が大半なはずです。

「社会は相性の良い人ばかりでない」と最初から割り切ってしまえば気持ちも楽になると思います。

 

③いじめ加害者になりやすい人を避けて相性のいい人と付き合う

いじめの加害者になり得る人には共通点があるため、深刻化する前に避けておく努力は大切です。

  • ブランド物をやたら自慢したり、相手の持ち物を凝視したがる人
  • すぐに人のせいにして、愚痴ばかり言ってる人
  • 集団で仕切りたがる態度の大きい人
  • ママ友の関係にこだわる「暇」な人

これらの条件をいくつも持っている場合、とても面倒な関係になる前に距離を置いてしまえばムダに悩まされるリスクは抑えられます。

「ママ友のグループに参加しなかったら悪く言われる…」と不安になってイヤイヤ参加している人もいますが、気の合わない人と一緒に居て、窮屈な思いをするのが正しいことでしょうか?

自分と相性の良い人との時間を大切にしていれば、イヤな人から何を言われても大したダメージにはならないはず。

逆に、ママ友の集まりにストレスを溜めながら時間を割いても、得られるメリットは何もないかもしれませんよ?

 

④一人で悩まず信頼できる人に相談する

生活に支障をきたすほどの深刻ないじめ被害に遭遇したのなら、「相談」することがもっとも解決を図る上で重要な手段です。

このとき、ためらわないように信用できる身近な人に早めに相談して楽になってください。

「相談をしたら迷惑なんじゃないかな…」
「周囲に理解してもらえないだろうし…」

と遠慮せず、夫や家族、仲の良いママ友さんに悩みを理解してもらいましょう。

話すだけでも、多少は気持ちに余裕が生まれてくるはずです。

 

⑤証拠を抑えて法的手段などを取る

SNSなどで露骨に暴言を吐かれるいじめなら、画面をキャプチャして証拠を保存しておきましょう。

また、メールやネット上にある誹謗中傷に関しても、データとしてバックアップを取ることを忘れずに行ってください。

こちらに非が無いことを再確認したのち、放置できないほど悪質なケースならママ友同士のトラブル相談に強い法律事務所を頼ってみるのも良いかもしれません。

弁護士の相談費用が気になる方は無料相談を利用したり、比較的安価な「法テラス」の活用を検討してみると良いでしょう。

ママ友いじめにより近頃は、自ら命を絶つケースも発生していますが、自分がそのような状況に陥る前に、悪質ないじめトラブルに巻き込まれたら、早急に出来る対策を考えていきましょう。

「家族に迷惑が掛かるから」とガマンしている女性は多いかもしれません。

しかし、苦しい経験を受けつづけ精神的に病んでしまっては、その後の生活に大きな支障になりかねません。

穏便に解決しない場合は、泣き寝入りをすることなく加害者側に対して毅然とした態度で臨んでみてください。

 

被害者として悩み続けないことを心に止めて!

「ママ友いじめ」の実態!いじめにあう被害者の特徴と5つの対処法

子ども同士の繋がりをキッカケにしてママ友と出会うのですが、自分で思っているような良い出会いばかりとは限りません。

いじめの加害者にならない意識をもつのも大切ですが、被害者として悩み続けないためにも、ママ友同士の人間関係を、考える機会にして頂けるとうれしく思います。

いずれの場合も決して泣き寝入りすることなく、加害者のママ友には毅然とした態度で接して下さいね!


関連記事

-いじめ問題

Copyright© うつは治る!うつ病の治療法や克服方法まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.