いじめ問題

近所で起こる嫌がらせ6つのトラブル!嫌がらせに対する3つの対策法

更新日:

近所で起こる嫌がらせ6つのトラブル!嫌がらせに対する3つの対策法

引っ越した先で新たに付き合うことになるのが、あなたの家の近くに暮らす人たち。

長いものでは、数十年もの間ずっとつづく関係になります。

しかし、中にはあなたの暮らしにとって迷惑な嫌がらせをしてくる人と巡りあう可能性も…。

今回は、近所で起こる嫌がらせ6つのトラブルと3つの対策法をご紹介します。

 

近所付き合いで考えられる6つのトラブルとは?

近所で起こる嫌がらせ6つのトラブル!嫌がらせに対する3つの対策法

①子供によるイタズラだけではなく大人による悪質な嫌がらせ

近所に子どもがいる地域では、子どもに関するイタズラ被害にあう可能性があります。

たとえば、玄関のインターホンを押してすぐに逃げる「ピンポンダッシュ」を繰り返されたり、路上でのボール遊びにより、クルマが傷つけられるといった迷惑行為など、器物損壊のトラブルが考えられます。

それだけで済まない場合もあるのが子どものトラブルの厄介な点。

子どもに対して強く注意したことをキッカケに、保護者から目の敵にされ、別のトラブルへと繋がるおそれもあるため、扱いが難しくなる場合もあるかもしれません。

スポンサーリンク

また、子どもだけでなく、大人がトラブルを起こす場合もあり、ポストに油を撒いたり、ゴミを庭に散乱する嫌がらせ、ガラスを投石で破損させるといった悪質なケースも考えられます。

②車やテレビ・音楽鑑賞など騒音による嫌がらせ

耳の遠い高齢者をもつ隣人の場合、家庭から大きなテレビ・ラジオの音が漏れてくる可能性があり、あなたの生活を脅かすストレスになるおそれがあります。

また、排気量の大きなバイクや、爆音仕様のマフラー付きの改造車を好む人が隣人になると、そのエンジン音がイライラの原因になるかもしれません。

音楽鑑賞が趣味の人や、小学生のピアノ練習、高校生でバンドを組んで練習している状況が近くにあれば、騒音のために抗議しなくてはいけなくなります。

その件について苦情を言うことで、近所づきあいが険悪になるおそれもあるので慎重に行う必要があります。

それ以外にも、ヒステリーな隣人がドアの開け閉めをわざとらしく「バタン!」と大げさに音を立てる行為を延々と繰り返し、精神的に参ってしまう被害も珍しくないといいます。

③近所にウワサを広められたり無視をされる嫌がらせ

隣人にウワサ話が大好きな人がいて、あなたとちょっとしたことでケンカになった場合、ありもしないウワサを広められるおそれがあります。

嫌がらせをしてくる側が、近所付き合いに長けてた、発言力ある人物なら特に注意が必要です。

それまで仲良くしてくれていた近所の人も、隣人が吹聴した悪評を真に受け、一緒になって無視をしてくることもあるためとても厄介なトラブルです。

「愛人がいる」とか、「浪費癖で借金がすごい」といった事実無根なデタラメを平気で拡散して相手を貶めようとしてくる人って意外と身近に居たりします。

間接的に言う場合以外にも、わざと聞こえる距離で悪口を聞かせる、趣味の悪い人からの攻撃される場合も。

特に女性同士のトラブルとして警戒をしておくべき問題といえます。

スポンサーリンク

④ペット関係のトラブルによる嫌がらせ

ペットを放し飼いにしている隣人がいて、自分の庭に排泄物を置かれてしまうといったトラブルは頻繁に耳にする話ですよね。

また、犬が夜間に吠えて安眠を妨げるトラブルもあり得ますし、犬が子どもに噛み付いてケガをさせられる問題も考えられます。

レアなケースでは、飼っていたヘビやクモが脱走して近隣がちょっとしたパニックになる場合も…。

また、野良猫に対して無責任にエサを与える隣人がいる場合も、ネコの大量繁殖や糞尿被害など、周囲を巻き込むトラブルに発展する可能性があります。

⑤監視・盗聴・盗撮などの被害をうけることもある

近所づきあいの中で、自分の行動を隣人が逐一チェックしてくるといった被害も警戒が必要です。

相手はうまくコミュニケーションを取る能力がなく、外出しようとドアを開けた直後、同じタイミングで外出しようとしてきたりしてあなたの関心を引こうとしてきたり…。

あなたの家の様子を逐一探ろうとしている不審者が隣人に居る場合、ヘタをすると警察が介入すべき事案になるおそれもあります。

酷いケースでは、留守中にあなたの住居に侵入し、盗聴器やカメラを仕掛けるという事件にまで発展する場合もあるのだとか。

(6) 近所の飲食店や家のゴミの匂いや精神疾患の方によるトラブル

上記以外にも、飲食店に隣接する住まいなら店舗から漏れてくる「ニオイ」が気になりますし、精神疾患持ちの隣人の奇行に悩まされるトラブルに遭遇する可能性もあります。

あるいは、自分の出したゴミの中身をいちいちチェックしてくる異常な隣人と出会う場合も…といったように、近所づきあいの中でのトラブルは多岐に渡ります。

どのような場合であれ、できる対策を考えておくようにしましょう。

 

近所で嫌がらせを受けた時のトラブル3つの対策法

近所で起こる嫌がらせ6つのトラブル!嫌がらせに対する3つの対策法

①民生委員や町内会などの身近な人に相談してみる

嫌がらせをされて自力で解決できないのなら第三者への「相談」をすることを考えてみてください。

市町村の民生委員に状況を説明して、解決を図っていく方法があります。

また、町内会の中で影響力を持つ人に嫌がらせについての相談をしてみるのも良いかもしれません。

器物損壊の被害や、実際に騒音が長期間つづく場合は警察に警告してもらうように依頼を出してみましょう。

②ネットの相談機関に相談してみる

身近な場所で相談できそうな相手が見つからないのなら、インターネットの質問サイトを活用して解決法を探ってみるのも良いと思います。

「ヤフー知恵袋」「教えてGoo」「発言小町」をはじめ、弁護士から直接アドバイスを貰える「弁護士ドットコム」はとてもオススメです。

似たような悩みを持った人達の内容や、回答者のアドバイスをひと通りチェックしておくことで、あなたの嫌がらせについても対策を講じやすくなるはずです。

③警察や弁護士に相談してみる

繰り返し嫌がらせを受けているのなら「証拠」をしっかり残しておきましょう。

カメラ、レコーダーを使って「暴言」や「器物損壊」を保存しておき、加害者家族、へ提示することで解決の可能性が高まります。

持ち物を破されたり傷つけられたのなら、証拠を武器にして、きちんと弁償をしてもらってください。

追求されてもはぐらかし続けるのなら、警察や弁護士を活用し、法的手段でケリをつけてみるのも良いと思います。

嫌がらせを受けて悩みつづける前に、しっかり記録して反撃に備えてみてください。

 

近所づきあいでの嫌がらせは毅然とした態度で接することが大切

近所で起こる嫌がらせ6つのトラブル!嫌がらせに対する3つの対策法

これから長く住む予定の場所で、トラブルが起こるのは誰しも避けたいと思うのですが、実際はさまざまな人との出会いがあり、あなたにとって面倒な人との遭遇もあり得ます。

どのような状況になっても、自分に非が無いのなら自分を責める必要はありません。

近所の嫌がらせについても、毅然とした態度で臨んでいきましょう。

他にこんな記事も読まれています

-いじめ問題

Copyright© うつは治る!うつ病の治療法や克服方法まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.