嘔吐

赤ちゃんがミルクを吐く原因と対処法!嘔吐すると栄養不足になるの?

更新日:

赤ちゃんがミルクを吐く原因と対処法!嘔吐すると栄養不足になるの?

赤ちゃんがミルクを吐いてしまう原因の大半が、哺乳瓶の中の空気やお母さんのおっぱいを吸う時に、空気も一緒に飲み込んでしまうことです。

赤ちゃんだけでなく子供でも大人でも同じで、空気をたくさん飲み込むと胃の中の空気の容量が増えてしまい、ゲップが出たり気持ち悪くなって吐き気が起きたりします。

そこで今回は、赤ちゃんがミルクを吐く原因と対処法をご紹介していきます。

 

赤ちゃんがミルクを嘔吐する原因とは?

赤ちゃんがミルクを吐く原因と対処法!嘔吐すると栄養不足になるの?

生まれたばかりの赤ちゃんの胃の入り口は、閉まっていないユルユルなので、まっすぐに食道につながっているのです。

そのために、胃の空気の容量が増えたり胃の中身が少しでも多かったりすると、空気だけでなく胃の中身まで一緒に吐き出してしまいます。

なので赤ちゃんの吐き戻しは自然的かつ生理現象で、大体ミルクをすぐ吐いてしまうのは生後3ヶ月前後は続き、その後は胃の形が成長して安定して、腹筋も徐々につくので、ゲップが上手になり吐き戻しはしにくくなるそうです。

 

赤ちゃんが嘔吐した時に清潔に保つための3つのアイテムとは?

赤ちゃんがミルクを吐く原因と対処法!嘔吐すると栄養不足になるの?

赤ちゃんがミルクを吐き戻してしまったら、清潔なガーゼやハンカチで口回りを綺麗に拭き取り、顔の周りなどにも汚れが広がっていたら、同じく清潔なガーゼやハンカチをぬるま湯で濡らして、拭いてあげてください。

スポンサーリンク

首周りのシワの部分に赤ちゃんが吐き戻してしまったミルクが、にじんだりたまっているのに気がつけない事も多いので、異臭や皮膚炎の原因になるため注意してあげましょう。

①清潔なハンドサイズのぬるま湯で濡らしたガーゼ2枚

(顔と首にそれぞれ1枚ずつ使いましょう)

②清潔なハンドサイズの乾いたガーゼ1枚

(濡らしたガーゼで顔を拭いた後、口回り中心に拭いて下さい)

③赤ちゃんのミルクを吐き出した時のエプロン

(首元が絞まるタイプだと首や身体が汚れません)

上記の3点をあらかじめ、毎回用意してから赤ちゃんにミルクをあげましょう。

特に、生後0ヶ月~3ヶ月の赤ちゃんは、若ければ若いほど飲んだミルクを吐き戻しやすいので、必ず用意した方が良いです。

ガーゼは大きめのものを毎回使用して、使い終わったガーゼは捨てるのが基本なので、使い捨て前提で清潔に保存できて、信頼できる商品を探しましょう。

赤ちゃんがミルクを吐き戻した時に役立つエプロンは、首元からお腹までカバーできるものが便利で、必ず清潔なものを使うために1回ごとに洗濯するので、交換するのを前提にエプロンは3枚~5枚あったほうがいいですよ。

 

赤ちゃんがミルクを嘔吐した場合、必要な栄養はとれているの?

赤ちゃんがミルクを吐く原因と対処法!嘔吐すると栄養不足になるの?

赤ちゃんがミルクを飲んでも毎回、吐き戻してばかりですとお母さんは心配だと思います。

どうしてもミルクを飲んで欲しい時は、赤ちゃんの姿勢に注意して赤ちゃんが真っ直ぐ頭が上で足が下になる姿勢にして、ミルクが自然と胃に落ちるようにしましょう。

ただし、赤ちゃんが吐き戻しをしたいしぐさや、苦しそうにしていたら、すぐに吐き戻しをさせてあげて下さい。

スポンサーリンク

もともと、生まれたばかりの赤ちゃんが必要とする1回のミルクは100㏄未満だと言われます。

それ以上あげても苦しくなって吐いてしまいますが、大抵の場合はきちんと必要量を残して、余分なミルクを吐き戻しているだけです。

毎回赤ちゃんがミルクを吐き戻してしまっても、成長に必要なミルクは摂取できていると思っていいですので、赤ちゃんがミルクを吐いてしまうのを、あまり過剰に気にしない方がいいですよ。

 

赤ちゃんが嘔吐した際にミルクが足りているかどうかの3つの確認方法とは?

赤ちゃんがミルクを吐く原因と対処法!嘔吐すると栄養不足になるの?

赤ちゃんがミルクの吐き戻しを頻繁に繰り返す上に、吐き戻すミルクの量が多いとさすがにお母さんも、ミルクが足りているのか心配になるでしょうね。

心配が深刻な場合は産科の専門医に、判断を任せたほうがいいですが、新米お母さんでも実践できる、簡単な判断基準を紹介してみます。

①1日の赤ちゃんの体重増加が30g以上

(生後0ヶ月~3ヶ月のいわゆる新生児の時期)

②当の赤ちゃんのおしっこの回数が5回以上

(おしっこでおしめを交換するのが3回以上

③当の赤ちゃんのうんちの回数が1日1回以上

(1日1回おしめにうんちをしていれば大丈夫です)

以上の3点を覚えておいて、どれか1つでも当てはまるのであれば基本的に、お母さんは赤ちゃんの授乳量の不足を心配する必要はありません。

逆に明らかに上記3点を外している場合(うんちが2日に1回など)は、授乳量不足が考えられるので、産科の専門医に診断と問診をしてもらって、「ミルクを吐き戻しにくくする知識」を指導してもらいましょう。

 

赤ちゃんがミルクを嘔吐しても心配しすぎないで!

赤ちゃんがミルクを吐く原因と対処法!嘔吐すると栄養不足になるの?

赤ちゃんと言ってもタイプ別に、授乳時の姿勢が問題でしたり、授乳する時に明らかに飲みすぎて吐いてしまう子など問題点がまちまちなのです。

そのため、き産婦人科ではなく「産科」の専門医の先生に相談して、きちんと指導してもらった方が、最適な方法を教えてもらえますよ。

赤ちゃんがミルクを吐いたとしても、大丈夫な目安を知って心配しすぎないようにして下さいね!

他にこんな記事も読まれています

-嘔吐

Copyright© うつは治る!うつ病の治療法や克服方法まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.