うつ病・症状

うつ病の3つの治療方法とは?正しい治療でうつ病を早く治す方法

更新日:

うつ病の3つの治療方法とは?正しい治療でうつ病を早く治す方法

うつ病は決して簡単な病気ではありませんが、適切な処置を続けていくことによって回復させることができます。

ただし回復させる方法には、薬物治療や精神療法などいくつかのものがあるので、その種類や違いを知っておく必要があります。

今回は、うつ病の3つの治療方法で早く治す方法をご紹介します。

 

①女性は入院も視野に入れて!休養による治療とは?

うつ病の3つの治療方法とは?正しい治療でうつ病を早く治す方法

まず、心身共に十分な休養をとることは、うつ病の治療においてとても重要な方法となります。

心身のストレスがなくなれば、それだけでうつ病が改善することもあるほどで、他のどんな治療を行うにしても、休養が足りない状態では十分な治療効果が得られません。

では、どうやって休養をとるのか、仕事をもっている人は、なかなか休養をとることができない状況にありますが、決断して治療のために休職を決意する必要があります。

女性の場合は、仕事をやめても家庭の中で日々追われる家事の役目があるので、仕事をやめるだけでなく、治療のために入院する必要もあるでしょう。

 

②薬物だからこその改善も!薬物による治療とは?

うつ病の3つの治療方法とは?正しい治療でうつ病を早く治す方法

スポンサーリンク

薬物による治療は、症状を改善させたり安定させるのにとても有効な方法です。

精神科の薬物治療といえば、抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、症状によっては薬を投与しなければ異常を改善できないこともあるので、薬をまったく抜きにして治療を考えることはできません。

うつ病で使用される薬はどんなものかといえば、いろいろな種類がありますが、特に「抗うつ薬」が有効な治療薬として用いられています。

 

③医師との対話で改善!心理的療法とは?

うつ病の3つの治療方法とは?正しい治療でうつ病を早く治す方法

心理的療法は、患者の思考パターンや心の傾向を良い方向に変えていくための治療です。

これはより柔軟な思考パターンを作り上げるのが目的で、セラピストとコミュニケーションを重ねて否定的な考えを整理したり、逆に積極的な考えを植え込んだりしていきます。

心理的療法の中では認知行動療法がとても有名ですが、これは症状のぶり返しを食い止めるのに有効です。

心理的療法の目的は思考パターンを変化させることですが、身近な人間からは受け入れにくいアドバイスが多いので、専門家に依頼して行うことになります。

医師からアドバイスであれば、患者も素直に聞き入れやすいので、それによって自分を変化させることができるというわけです。

 

医師の指示に従うことが大切!知っておきたい抗うつ薬

うつ病の3つの治療方法とは?正しい治療でうつ病を早く治す方法

精神科で使用される薬については不安をもつ方もいますが、それはどんな薬の種類があるか分かっていないからです。

薬の種類と、それぞれの特徴を知っておけば不安を解消させることができるでしょう。

スポンサーリンク

抗うつ薬の種類には、四環系、三環系、ノルアドレナリン作動性などのNaSSA、セロトニンでおなじみのSNRI、選択的セロトニン再取り込み阻害薬のSSRIがあり、それぞれ患者の症状に合わせて使用されています。

全体的には、抗うつ薬は脳内情報伝達物質の流れを調整する働きをもっていますが、作用の仕方は患者の体質によって異なることを知っておきましょう。

 

うつ病を早く治すためには正しい治療法を知ることが大切

うつ病の3つの治療方法とは?正しい治療でうつ病を早く治す方法

うつ病になってしまったら、早く治したいという気持ちよりも、落ち込む気持ちの方が強くなってしまうかもしれませんが、放っておいても良くなることはないので、少しでも早く心身ともに休養することを心がけましょう。

そしてうつ病の専門医にかかる時にも、医師とのコミュニケーションは欠かせません。

必ずあなたに合った主治医を見つけ出すようにして、うつ病に効果のある適切な薬を処方してもらうこと、しっかり話を聞いてもらうことが、うつ病改善への近道になるでしょう。


関連記事

-うつ病・症状

Copyright© うつは治る!うつ病の治療法や克服方法まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.