食欲不振

食欲不振になる5つの原因と予防法とは?食事が辛い時の対処法

更新日:

食欲不振になる5つの原因と予防法とは?食事が辛い時の対処法日頃の生活習慣が原因で食欲が減少することは、比較的よくあることです。

食べたい気持ちはあるのに、何となく食欲がない時ってありますよね?

では、食欲が減ってしまう行動の特徴や、原因になりそうな生活習慣などはあるのでしょうか?

今回は、食欲不振になる5つの原因と予防法についてご紹介していきます。

 

食欲不振になる5つの原因や習慣とは?

食欲不振になる5つの原因と予防法とは?食事が辛い時の対処法①精神的・身体的に慢性的なストレス

(人間関係の悩み、職場の悩み、過労による疲れ、慢性的に痛む怪我)

②運動不足や睡眠不足で生活バランスが崩壊する

(脳がエネルギーを欲求することが食欲になるので、エネルギーを使っていない)

③夏バテやクーラー病で体調不良になる

(快適でない室温や気温の変化が重なると、体温調整が狂って食欲がなくなる)

④妊娠初期のつわりが原因のこともある

(初妊娠の場合は精神的に過度なストレスになり、つわりの体調もあり食事がしにくく気持ち悪い)

⑤加齢が原因になることもある

(年齢を重ねるごとに肉体の消費エネルギーは減っていき、食事量も多く取れなくなって体力が落ちる)

食欲がなくなってしまう原因はまだまだありますが、代表的なものをあげるだけで、これだけあります。

スポンサーリンク

精神的ストレスや運動不足、クーラー病などは、自分が気をつければ予防や改善は可能なので、日頃から自分の仕事に支障のない範囲で気をつけたいですね。

 

食欲不振で考えられる5つの病気には何がある?

食欲不振になる5つの原因と予防法とは?食事が辛い時の対処法

食欲不振になることは日常的なことなので、重く考えない人がほとんどだと思います。

しかし、食欲が低下したままそれが長期的に続くならば、または改善されないならば、何らかの病気にかかっている可能性を疑った方がいいかもしれません。

食欲が減るというのは「ほんのささいな体調不良」や「よくあること」と思われがちですが、実はかなり危険な病気のサインでもあるのを覚えておきましょう。

食欲不振がサインである可能性の、病気を5つあげて見ますね。

①慢性胃炎が原因の場合

ピロリ菌の感染だけでなく過度なストレスでも発病。治療せず胃薬でごまかしていると入院もありえます)

②胃潰瘍が原因の場合

(こちらもピロリ菌だけでなく、近年は慢性的なストレスで発病が多数。痛みが慢性化すると吐血や手術も必要に)

③胃がんが原因の場合

(日本人のがんでは一番ポピュラーながんです。軽度な胃がんは食欲不振から始まり、胃炎と思って安心していると転移の危険が)

④インフルエンザの潜伏が原因の場合

(インフルエンザの潜伏期間は食欲が低下します。発病前ですが周囲に感染のリスクがあります)

⑤神経性食欲不振が原因の場合

(別名は拒食症とも言われ、食べる=太るという自己暗示から食事ができなくなります。自覚が無い人が多いです)

いずれも共通点は、上記の病気に自分がなっていると言う『自覚』がないことです。

スポンサーリンク

食欲不振が慢性化して、長期的に食事がほとんど食べられない場合は、一度病院へ行き、精密な検査と問診を受けて自分の状況を把握しましょう。

 

食欲不振にならないために日頃からできる4つの方予防法とは?

食欲不振になる5つの原因と予防法とは?食事が辛い時の対処法

食欲不振にならないように生活するのは、それほど難しいことではありません。

下記の4つの項目を守って生活するだけで、かなり改善されるはずです。

①規則正しい生活をする

(適切な睡眠時間と早寝早起き、クーラーに頼らない)

②週に1回は気分をリフレッシュする

(ストレスを溜め込まないように、自分なりのストレス解消を定期的にする)

③適度な運動を意識してやる

(通勤の徒歩の距離を伸ばす、エレベーターではなく階段を使う、など)

④アルコールは適量にする

(アルコールの過剰摂取は消化器官の機能低下になるので、酔わない程度に済ます)

上記の4つですが、健康をちょっと意識すれば実践できる程度の生活習慣だと思います。

食欲不振の原因になる病気の予防にも効果的なので、健康的な肉体(内臓)維持の為にも、ぜひ実行に移してくださいね。

 

食欲不振になったら3つの対処法を試してみよう

食欲不振になる5つの原因と予防法とは?食事が辛い時の対処法

食欲不振になってしまった時の対処方法は酷なようですが、「食べる事」です。

食欲が無いからと食事をしなくなると、どんどん悪化するスパイラルなので、以下の対処方法を試してみてください。

①食べやすい消化に良いものを無理せず食べる

(苦痛に感じない食事をなるべく食べる。素麺やおじやなど)

②市販の薬を併用する

(薬に頼りきりではなく、薬で食欲不振を解消して食事する意欲を促進する)

③病院で相談する

(長期的に食欲不振が改善されない場合、病気の可能性が高いので専門医の指導を受ける)

なるべく、上記の上から順に実践してみてください。

最初の1番で回復すれば未病で済み、2番で済めば疾患の未遂で終わります。

 

食欲不振を改善するには疾患に合わせた対処法を実践しよう

食欲不振になる5つの原因と予防法とは?食事が辛い時の対処法

様々な方法を試してみても、どうしても食欲不振が改善されない場合は、ほぼ8割以上の該当者が重い疾患と言われているので、総合病院へ行って検査と問診を受診して、それぞれの疾患に合わせた指導を受けて改善しましょう。

食事は人間が生きる上で、絶対に欠かせない重要なパーツであり本来唯一の娯楽と言われます。

食事が「苦痛に感じる」ようでしたら、早めに対処した方が間違いなく良いと思いますよ。

スポンサーリンク




他にこんな記事も読まれています

-食欲不振

Copyright© うつは治る!うつ病の治療法や克服方法まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.