嘔吐

食べ過ぎで吐くのが辛い!暴飲暴食を防ぐための4つのおすすめ食品

更新日:

食べ過ぎで吐くのが辛い!暴飲暴食を防ぐための4つのおすすめ食品

専門の医師のレポートを見ると、人間の身体は普段の食事のバランスや量が、便などの排泄物の状態をかなり左右するそうです。

一般的な通説では食事制限などで食べる量が少ないと「便秘」になり、逆に暴飲暴食をしてしまうと下痢や吐き気などの体調不良を起こしやすいそうです。

統計によると人間は社会人の大人でも大半が「自分の身体に適切な量の食事をする」が、実践できていないそうなので、誰にでも当てはまる身近な身体の問題と言えるでしょう。

今回は、暴飲暴食を防ぐための4つのおすすめ食品をご紹介します。

 

吐き気などの体調不良になる4つの「暴飲暴食」のタイプは?

食べ過ぎで吐くのが辛い!暴飲暴食を防ぐための4つのおすすめ食品

体調不良につながる下痢という症状を引き起こすのは、腸を通過する食事の量が増えることで「ぜん動運動」が活発になってしまい、腸を通過する「速度が上がり」本来は腸内で徐々に吸収される水分が吸収できなくなるからです。

腸内で徐々に吸収されるはずだった水分が、そのまま腸を通過してしまうと排泄物の水分の含有量が一気に増えてしまい、下痢になるのだと言われています。

暴飲暴食による下痢を引き起こすと、吸収される水分量が減ってしまう為、非常に気分が悪くなり慢性化すると悪化して「吐き気」のある気持ち悪さがあります。

一般的に暴飲暴食と呼ばれて、下痢の原因になるケースを挙げましょう。

スポンサーリンク

①飲みすぎや食べ過ぎによるケース

(食後におなかが張ったようになったり、苦しさを感じたら明らかにボリュームオーバーです)

②ストレス解消での食事によるケース

(ストレスにより「ぜん動運動」が活発になり、適切な食事でも下痢による体調不良になります)

③辛い食べ物の食べ過ぎによるケース

(辛味という味覚は唯一「痛み」の味覚で腸が危険信号を受けて活性化します)

④アルコールの過剰飲酒によるケース

(ほろ酔い程度に飲むとしても、3日4日と連続で飲むと慢性的に腸が活性化します)

上記のような行為が一般的に医学的に見た「暴飲暴食」に該当します。

単に食べ過ぎや飲み過ぎだけでなく、「おなかに優しくない」食事が多ければ、同様のデメリットがあると覚えておきましょう。

 

食べ過ぎと同じ不調を起こす特定食品の4つの過剰摂取とは?

食べ過ぎで吐くのが辛い!暴飲暴食を防ぐための4つのおすすめ食品

前述した暴飲暴食に該当する行為以外にも、条件や成分によっては摂取量が多いと同様の害があるケースもあります。

同じように下痢や吐き気など体調不良を起こす原因になるケースを紹介しましょう。

①冷たいものの過剰摂取が原因となる

(胃腸が正常に働くには適切な体内温度があり、体内温度を下げると吐き気が強まります)

②疲労過多の時に消化の悪いものを食べる

(疲労が多い時の胃腸の働きは50%になると言われ、未消化で腸まで流れてしまいます)

③キシリトール成分の過剰摂取が原因となる

(キシリトールガムなどを頻繁に噛むと、個人差はありますが体調不良や下痢の原因です)

スポンサーリンク

④サプリメントによる「ソルビートル」の過剰摂取が原因となる

(キシリトール成分の10倍威力があり、人によっては適量のサプリメントでアウトです)

上記に挙げたものは全て一般人には「暴飲暴食」とは結びつかないと思われます。

しかし、冷たいものや疲労などの条件や、「キシリトール成分」「ソルビートル成分」など、日常生活で回避不可能だったり適切な量を守っても、人によっては下痢と嘔吐をともなう体調不良の原因になりかねません。

大半の体調不良が吐き気や嘔吐より先に、下痢が「危険信号」として先に症状に表れるそうです。

前述した「暴飲暴食行為」や、今挙げた「同様のデメリットがある行為」に該当する行為は避け、おなかの調子が悪くなったり下痢気味になった時は、それらの行為に心当たりが無いか行動を見直し、該当していた場合は「その行為を止める」方が賢明でしょう。

 

食べ過ぎによって起こる体調不良の対処法とおすすめの4つの食品

食べ過ぎで吐くのが辛い!暴飲暴食を防ぐための4つのおすすめ食品

吐き気や下痢をともなう体調不良が辛かったり酷い場合は、胃腸を正常に戻すために食事量を減らして消化のよいものを食べるようにして、出来れば半日程度は温かい飲み物以外は摂取するのを止めた方が無難です。

体調不良による下痢と吐き気が強過ぎる場合は、自然回復では時間がかかる為、市販の胃腸薬(出来れば漢方によるもの)を1~2回使用するのも良いでしょう。

下痢や吐き気による嘔吐で危険なのは脱水症状を併発することなので、いつもより多めに常温で保存したミネラルウォーターやスポーツドリンクを、少しずつこまめに飲むようにして水分補給をすると良いです。

一見、温かい緑茶などが良さそうに思えますが、カフェインを含有する飲食物は体調が回復するまで避けたほうが無難だと言われます。

食事を開始する時は、胃腸の負担が少ないものが望ましく、例としてあげてみます。

①おかゆやうどんを食べる

(炭水化物を液状や粉末状にして作られた加工品なので、消化しやすいです)

②野菜スープを飲む

(温かく茹でた野菜は栄養を吸収しやすく、胃腸の回復を促進します)

③ヨーグルトを食べる

(冷たいので1回1パックにしましょう。食べやすくおなかに優しいです)

④豆腐の味噌汁を飲む

(必要な塩分と水分と消化しやすいたんぱく質が摂れます)

 

食べ過ぎを防ぐ為には食べるものにも気をつけよう

食べ過ぎで吐くのが辛い!暴飲暴食を防ぐための4つのおすすめ食品

食べ過ぎで吐き気が起こったり、下痢になったりするのはつらいですよね?

食べ過ぎを防ぐ為には、日常的に食べるものにも注意をする必要があります。

今回ご紹介したような、消化しやすいおなかに優しい食事を少しずつ食べて、胃腸の働きを慣らしながら回復させるようにして、油物は体調がほぼ完全に回復するまで、避けるようにしましょうね。


関連記事

-嘔吐

Copyright© うつは治る!うつ病の治療法や克服方法まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.