嘔吐

お酒を飲み過ぎた時に吐くのは悪影響!5つの対処法と不調の予防法

更新日:

お酒を飲み過ぎた時に吐くのは悪影響!5つの対処法と不調の予防法

お酒を飲み始めると気分がよくなる人が多いために、ついつい自分の許容量以上にお酒を飲んでしまう人や、そういったことをしてしまった経験のある人は多いと思います。

「今日は付き合い程度に飲もう」とか、最初は思っている(心がけている)人もいるはずですが、お酒が好きな人の場合は飲み始めると歯止めが利かなくなりやすいそうです。

お酒が好きな人が全員がお酒に強いわけではありませんし、飲み過ぎた後や翌日になって後悔することや、そんな経験のある人が大半でしょう。

今回は、お酒を飲み過ぎた時の5つの対処法と不調の予防法についてご紹介します。

 

「お酒の飲み過ぎ」で気分が悪くなった時の5つの対処法とは?

お酒を飲み過ぎた時に吐くのは悪影響!5つの対処法と不調の予防法

以下に挙げる対処方法をすることで、お酒の飲み過ぎによる「気持ち悪い」や「気分が悪い」といった、吐き気をもよおす事態を改善できる可能性があります。

①たくさん水を意識して飲む

(トイレの回数を増やして、体内に入ったアルコールを出しましょう)

②グレープフルーツジュースを飲む

(強い柑橘系はアルコールの分解力が強いので、気分がスッキリします)

③スポーツドリンクを飲む

(お水を飲むより簡単に、トイレの回数を増やせて体力の回復効果も望めます)

スポンサーリンク

④梅干やぬか漬けを食べる

(胃腸などの消化器官の不調を改善してくれるので、吐き気予防になります)

⑤上着を着るようにする

(身体を温めて体内温度を上げると、消化器官の状態が向上するので吐き気が改善されます)

上記の2つか3つほど実践すると、かなり気分の悪さが改善されるはずです。

もちろん「飲み過ぎない」にこしたことはありませんが、飲み過ぎてしまった場合の対処方法として、覚えておいて損は無いでしょう。

特に社会人の人は「飲まなければいけない事情」が未だに根強くありますので、対処方法を覚えておくのは自分自身の身体を守るためにも重要です。

もちろん、「お酒を飲む前にウコンを飲む」といった予防方法は取りましょう。

 

お酒の飲み過ぎで吐くのはデメリットしかない

お酒を飲み過ぎた時に吐くのは悪影響!5つの対処法と不調の予防法

お酒を飲み過ぎると、一部のザルの人以外は普通は気持ち悪くなります。

お酒を飲み過ぎて気持ち悪くなった人の大半の対処方法というと、「実際に嘔吐する」ことでしょう。

吐けばスッキリすることも多いので、それで大丈夫だと納得している方が多いそうですが、気持ちの悪さを吐いて解決するという行動は『実は全く意味が無い』のです。

飲酒をすることでアルコールを体内に入れて、体内のアルコールが「アセドアルデヒド」という毒素成分の1つになり、身体に吸収されて「気持ち悪くて吐き気がする状態」になります。

身体に吸収されてしまった毒素成分の「アセドアルデヒド」は、血液中に混入されているので嘔吐しても無意味なのです。

スポンサーリンク

それどころか、吐くという行為を繰り返すというのは、胃液の逆流を頻発させるだけであり「逆流性食道炎」の原因にしかなりません。

つまり、基本的に「吐いて解決する」と言う方法は、メリットは1つもなくデメリットしかないのです。

どうしても吐くのを止められない時は、嘔吐する吐しゃ物の胃酸濃度を下げる為に、大量(コップ2杯以上)の水やソフトドリンクを飲んだ上で、吐くようにすると食道炎の予防になります。

 

「お酒の飲み過ぎ」での不調の予防策は2つある

お酒を飲み過ぎた時に吐くのは悪影響!5つの対処法と不調の予防法

飲み過ぎた後の気持ち悪さや頭痛や吐き気は、何回も何回も繰り返しても決して快適なものではないはずです。

飲酒のあとの体調不良や、翌日に辛い症状の出る二日酔いは、もちろん予防や対策をとることで軽減したりごまかす事は可能です。

簡単な話にすると以下の2つの点が挙げられます。

①飲酒前にウコン主成分のドリンクを飲む

(配合率と吸収率の都合上、ビンなら350円以上のもの)

②お酒を飲む時は、同量のノンアルコール水分をとる

アルコール毒素の半分はトイレで排出できる)

上記の2つのポイントだけで、飲酒後の酷い体調不良や辛い二日酔いを回避することは、充分に可能と言えます。

 

お酒は飲みすぎに気をつけて楽しく飲もう

お酒を飲み過ぎた時に吐くのは悪影響!5つの対処法と不調の予防法

今回ご紹介したように、飲みすぎ対策は色々ありますが、アルコールを飲んで体内に毒素を取り込んでいることに、変わりは無いのもまた事実で、もちろん飲み過ぎは身体によくありません。

体調不良や二日酔いと言った目の前の問題の回避も大切ですが、永い目で見て自分自身の身体のために、自分の身体にあった「適量のお酒の飲み方」の模索は必ずするようにしましょうね。


関連記事

-嘔吐

Copyright© うつは治る!うつ病の治療法や克服方法まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.