食欲不振

心の病「拒食症」の症状!食べることを拒否して痩せたい願望とは?

更新日:

心の病「拒食症」の症状!食べることを拒否して痩せたい願望とは?

お腹が減っているのに食事を取らない人の9割が、ダイエット目的であると公表されています。

拒食症というのはダイエットなどで食事制限を自分でするときに、食べる事を際限なく制限していってエスカレートして恐怖心や罪悪感を持つようになり、食べる気持ち(食欲)が一切あらわれなくなる病気です。

そのため、気持ちの問題に依存するところが強い心の病であるのが拒食症と言われ、正式には「神経性食欲不振症」という心療内科が担当する症状の1つとされます。

今回は、心の病「拒食症」の症状と痩せたい願望についてご紹介していきます。

 

拒食症になるのはダイエットにはまりがちな若い女性に多い

心の病「拒食症」の症状!食べることを拒否して痩せたい願望とは?

拒食症になってしまう患者の大半が10代~20代という若い女性です。

同年代の男性の発病率は同年代の女性のわずか1%ほどと言われ、男女比で比較しても患者数は男性が1割以下だとか。

拒食症になってしまうきっかけの大多数が、ダイエットがエスカレートしたもので、はじめは軽い気持ちでダイエットを始める人がほとんどですが、ダイエットの結果として痩せるのに成功し、それが友人や知人や仲間に褒められたり羨ましがられると、ダイエットへの熱意が向上するのです。

熱意が向上した精神状態での「すでにダイエットに成功している女性」は、それ以上のダイエットをして「もっと賞賛されよう」とするので、既に痩せていてダイエットしにくい体型なのに減量しようとします。

スポンサーリンク

この時点で無駄な贅肉などが無いのですがら、当たり前ですが普通のダイエットでは変化は現れないので、本来の意味を失った過剰なダイエットをするしか選択肢がありません。

そして拒食症への1歩を進んでしまう、思春期の女性が多いのだそうです。

 

拒食症になってしまった人の心と体にあらわれる5つの症状とは?

心の病「拒食症」の症状!食べることを拒否して痩せたい願望とは?

拒食症と診断されてしまった患者の精神状態や主な症状は以下の通りです。

①食べることへの恐怖心がある

「リバウンド」という言葉でパニックの発作を起こす人もいます)

②太ることへの脅迫概念

(万が一太ってしまったら周囲の人間に酷く落胆されたり絶縁される思い込み)

③極端に低い体重である

(健康的な日常生活をおくるだけのエネルギーが不足した体型や体脂肪率)

④軽度~重度の栄養失調である

(むくみ、意識の混乱、若年性痴呆症、免疫力の低下、新陳代謝の低下など)

⑤やや強い体臭がある

(新陳代謝が低下することで、古い角質や細胞を交換するサイクル低下で体臭が濃くなる)

拒食症になってどれだけの時間が経過したのかで、症状の軽さ~重さは違いますが、代表的な症状や精神状態とされているだけで上記の5つもあります。

いずれも正常な日常生活や思春期が多い患者の日常の学業が、正しくおくれないのはもちろんの事、様々な合併症の危険性さえあるでしょう。

また、上記には書きませんでしたが「冷静な判断力」が欠如した患者も多く、喜怒哀楽が激しかったり情緒不安定になる人も多いとされます。

スポンサーリンク

周囲に褒められたくてダイエットを頑張った結果だとして、まともな人間関係が維持できない病気になってしまうと言う事は覚えてください。

 

拒食症による栄養失調で起きる6つの合併症とは?

心の病「拒食症」の症状!食べることを拒否して痩せたい願望とは?

拒食症のすぐ先に存在する必然的な合併症のリスクを紹介します。

①無月経になる

(栄養不足で生理が完全に止まる。3ヶ月から半年で不妊症に)

②不整脈がでる

(心臓の筋肉量の欠落により、心臓が正常に機能しなくなり血液が正常に流れなくなる)

③骨粗しょう症になる

(骨密度が過度に減少し、老年期と同等の骨の弱さになり、すぐに骨折する)

④白血球の減少がおこる

(白血球の生成不順により、ますます免疫力が欠落し毎週のように体調不良になる)

⑤味覚障害になる

(亜鉛などのミネラル成分が欠如するために嗅覚や味覚がなくなる)

⑥歯の表面のエナメル質の溶解がおこる

(ミネラルとカルシウム不足で歯の表面が完全に剥がれ落ちる)

上記の合併症の症状はいずれも取り返しのつかないものです。

 

拒食症はリスクがいっぱい!足を踏み入れないで

心の病「拒食症」の症状!食べることを拒否して痩せたい願望とは?

無理なダイエットをしただけで「その後にあるであろう人生50~70年」が、まともに楽しく過ごせない身体になってしまう危険性というリスクが、過剰なダイエットの継続で必然的にあり得るという事実を忘れてはいけません。

美しくなりたいのは女性として正常ですが、飢餓で苦しむ人が世の中にいる中で、わざわざ仲間入りするような不信な真似は絶対に止めましょう。

他にこんな記事も読まれています

-食欲不振

Copyright© うつは治る!うつ病の治療法や克服方法まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.