友だちを作る方法

大学で友達がいないのはなぜ?友達を作るための4つのポイントとは?

更新日:

大学で友達がいないのはなぜ?友達を作るための4つのポイントとは?

大学に入れば、当然、楽しい生活が待っていると思ってしまいますね。

しかし、現実は学校に行っても友達がいないなんてこともあるのです。

中には、友達がいない人と思われたくなくて学食で1人で食事するのが嫌う方もいらっしゃいます。

そのせいかトイレで昼食をとる人が増えていると話題にもなりました。

こうしたことが話題になるほど大学に友達がいないことが深刻な問題となっています。

では、どうして大学で友達が作りにくくなってしまっているのでしょうか?

今回は、大学で友達を作るための4つのポイントについてご紹介していきます。

 

大学に友達がいない2つの理由とは?

大学で友達がいないのはなぜ?友達を作るための4つのポイントとは?

きっと大学生になるまでの小学校、中学校、高校には友達がいた方がほとんどでしょう。

スポンサーリンク

しかし、大学に入り、友達が作りにくくなるのは何故でしょうか?

以下の2つの理由が考えられると思います。

①決まったクラスがない

それまでの学校と大きく違うのは、クラス制がなく、それぞれ取る授業が異なります。

つまり、毎日同じ人と顔を合わせることが無く、仲良くなりにくい環境で孤独を感じやすいです。

また、大人数の授業であれば、学年や年齢も違う人も多く、なおさら親しくなりにくいでしょう。

②地元から離れた大学に通っている

地元の大学に通っていれば、それまでの友達がいて、学校に友達がいなくても平気かもしれません。

しかし、地元も離れ、一人暮らしを始めた方には学校も日常も1人で過ごし、地域にも慣れないために寂しく感じることでしょう。

 

大学で友達を作るための4つのポイントとは?

大学で友達がいないのはなぜ?友達を作るための4つのポイントとは?

では、大学生活を満喫するために友達が欲しいのであれば、どんなポイントに気を付ければ良いのでしょうか?

具体的な4つのポイントについて見ていくこちにしましょう。

①サークルに入る

積極的に自分から何かの行動を取らなければ、友達作りは出来ません。

勇気を出して、サークルに入るのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

サークルも雰囲気が様々ですから、1人のあなたを温かく受け入れてくれそうな所をよく調べて入りましょう。

サークル内に気の合う人を見つけることが出来るかもしれません。

②大学の近くでアルバイトをする

通っている大学の近くでアルバイトをすると、案外同じ大学の人もアルバイトをしています。

そこで交流ができ、友達になれるかもしれません。

もし、そこに大学の友達ができなくても、アルバイト先の人と親しくなれるので出会いの場となるでしょう。

③自分と服装が似ている1人でいる人に話しかけてみる

大学には全国から実に様々な人が集まっています。

個性豊かですし、年齢も異なります。

講義などで一緒でも誰に話しかけていいか迷いますし、グループの人の所は入りにくいですよね。

自分と似たような服装をしている、同じように1人でいる人にまずは話しかけてみましょう。

④話しかける内容に注意する

コミュニケーション能力の高い方は問題ありませんが、何を話しかけたら良いか分からないことが多いですよね。

「いつもこの講義取っているの?」とか「地元の人ですか?」などきっかけは簡単なことで十分です。

相手が返事に戸惑うような質問は避けましょう。

 

勇気を出して友達を作ろう!小さな一歩が大切

大学で友達がいないのはなぜ?友達を作るための4つのポイントとは?

大学に友達がいないことを、重く受け止めすぎないようにしましょう。

同じ悩みを多くの方が抱えて寂しさを感じています。

ということは、少し勇気を出して声をかけることで、喜んで友達になりたいと思う人が大勢いるということです。

この先の人生における大切な友達を、大学で見つけることも出来るかもしれないので、失敗を恐れずに積極的に動いてみましょう。

スポンサーリンク




他にこんな記事も読まれています

-友だちを作る方法

Copyright© うつは治る!うつ病の治療法や克服方法まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.