いじめ問題

いじめの原因は何がある?いじめ被害者と加害者の特徴と対策とは?

更新日:

いじめの原因は何がある?いじめ被害者と加害者の特徴と対策とは?

いじめといえば、子どもが行うイメージが強いのですが、社会人になっても人付き合いがある以上、いつ巻き込まれるか分からないトラブルです。

学生さんならいじめを発端にして不登校となったり、酷いケースでは精神的に病んでしまったり、さまざまな悪影響が心配されます。

さらに最悪な場合では自傷行為、自殺といった取り返しがつかないレベルにまで発展する場合もあるため、予備知識があるに越したことはないと思います。

今回は、いじめの原因といじめ被害者と加害者の特徴と対策についてご紹介していきます。

 

いじめの被害に合いやすい8つの特徴とは?

いじめの原因は何がある?いじめ被害者と加害者の特徴と対策とは?

一般的にいじめは初対面では起こりにくく、毎日顔を合わせる関係で生じるもので、一概には言えないのですが、下記のようなタイプが、いじめられやすい人の特徴として挙げられます。

  • 極端に仕事・勉強ができない
  • 清潔感に欠ける言動・クセがある
  • スポーツが苦手
  • 親が外国出身者
  • 転校前の「なまり」がある
  • 身体的なコンプレックスがある
  • コミュニケーション能力が低い、空気を読みにくい
  • 友人がいなく孤立しやすい

など。

原因の多くは自身に非が無いものばかりですが、不潔な点については改める意識を持つべきです。

また、無意識に周囲を不快にする距離感が近すぎる人も周囲の反感を買いやすいため、相手が全部悪い、と決めつける前に自分側に何か問題はあるのではないか、と考えてみても良いと思います。

スポンサーリンク

しかし、それ以外の部分を理由にした、いじめの大半は加害者側に問題があるケースが多くを占めます。

 

いじめを行う加害者の5つの特徴とは?

いじめの原因は何がある?いじめ被害者と加害者の特徴と対策とは?

いじめは仕掛ける側がいることが大きな問題となるのですが、いじめを起こす側の特徴、原因として以下のようなケースが多くを占めるようです。

  • 家庭環境に問題があり、親や家族が不仲
  • 自身がいじめられないようにするための保身的な行動
  • 常にストレスが掛かる生活をしている
  • 相手(いじめられる人)によって損をさせられている(思い込み含む)
  • 相手が自分よりも容姿、家庭環境が優れていることへの嫉妬

いじめが起こる原因については、上記のパターンのめぐり合わせにより起こりやすくなると考えられます。

 

いじめの被害者になったら無料の相談機関や法的処置も視野に入れよう

いじめの原因は何がある?いじめ被害者と加害者の特徴と対策とは?

今現在、あなたがいじめの被害者として悩んでいるのでしたら、何も変化がないそのままの状態では解決は難しいはずです。

長期化させないためにも何かしらの改善策を見つける必要があります。

ネット上で、いじめ相談ができるサービスを活用したり(無料で行えます)、社会人なら法的措置を講じるといった強攻策を選択肢に入れておくのも賢明な方法といえます。

いじめは世代や性別に関わらず、今も昔も社会問題として存在します。

あなた自身が苦しむと、あなたの身近な人にとっても良いことではありません。

解決方法を模索し、自分の身を守るためにできることから実践していきましょう。

スポンサーリンク




他にこんな記事も読まれています

-いじめ問題

Copyright© うつは治る!うつ病の治療法や克服方法まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.