うつ病・症状

うつ病は仕事を辞めずに治せるの?うつ病治療と仕事の両立ポイント

更新日:

うつ病は仕事を辞めずに治せるの?うつ病治療と仕事の両立ポイント

うつ病を治したい、でも仕事は絶対にやめたくないという人もいるでしょう。

無理をすることは決して体に良いことではありませんが、それでもうつ病と仕事を両立させる方法はあります。

今回は、うつ病治療と仕事の両立ポイントについてご紹介していきます。

 

まずは環境づくりから!職場に味方を増やそう

うつ病は仕事を辞めずに治せるの?うつ病治療と仕事の両立ポイント

職場に敵が多かったり、気の合わない人が多かったりすると、そのこと自体がストレスになります。

また、話し相手がまったくいない環境では、孤独を感じることも多くなるでしょう。

そしてこうした状況は、一回二回ならどうということもありませんが、毎日続くとなると精神的な負担になってきます。

したがって、うつ病と仕事を両立させるためには、職場の中でできるだけ味方を増やしていき、ストレスになる環境を作らないようにしなければなりません。

 

休む勇気を持つ!休養をしっかりとろう

うつ病は仕事を辞めずに治せるの?うつ病治療と仕事の両立ポイント

スポンサーリンク

仕事が順調にいってると疲れを感じないこともありますが、無意識のうちに疲れは蓄積されていることがあるので、意識して休養をとるようにしなければなりません。

これもまた、仕事をしながらうつ病の治療を続けるためのコツです。

休養をまったく取らずに働き続ければ過労になって、うつ病が治らないどころか、他の病気になってしまうこともあります。

よって、休日にちゃんと休むことはもちろん、仕事の日であっても決して無理はせず、体調が悪くなったらすぐに早退することも考えておきましょう。

特に、日本ではサービス残業が当たり前という風潮があるので、その風潮に流されず意識して休むことはとても重要だといえるでしょう。

この点、本人が休む勇気を持つということがとても大事な要素になります。

 

早朝ウォーキングがオススメ!運動をしよう

うつ病は仕事を辞めずに治せるの?うつ病治療と仕事の両立ポイント

仕事一辺倒になると体がなまってきますので、適度に運動を取り入れて体をほぐすようにしてください。

逆に全く運動をしないままだと、筋肉が弱って血流が悪くなってきますので、気分が低調になり、仕事をしながら治療を続けることが難しくなってしまいます。

逆に、定期的に運動をして筋力を維持しておけば、疲労回復と心身リフレッシュの二つの効果を得ることができるので、仕事をしながらでも治療を続けることができます。

特に早朝のウォーキングはおすすめですが、朝の太陽の光を浴びながら、テンポよくウォーキングをすれば、体が温まり体内時計が調整されて気持もすっきりしてきます。

 

過小評価はNG!自分を好きになろう

うつ病は仕事を辞めずに治せるの?うつ病治療と仕事の両立ポイント

スポンサーリンク

うつ病のまま働き続けるためには、仕事のミスに過度にとらわれないようにすることも大切です。

そのためには、自分の成果に対して極端な完璧主義にならないこと、また減点主義に陥らないようにしてください。

うつ病の人に多く見られるのは、自分が挙げた小さな成果は評価せず、自分のミスばかりに注意が向くことですが、これでは自分にプレッシャーを与えるだけになってしまいます。

そうではなく、むしろどんな小さな成果でも必ず自分を評価する習慣を身につけることです。

そうすれば自尊心を持てるようになり、小さなミスで思い悩むこともなくなるでしょう。

うつ病を克服するうえで、自分を好きになることは大切なので、そのためにもどんどん自分を評価してあげてください。

仕事の面では特にこうした局面が出現しやすいので、その際に特に自分を過小評価しないように注意する必要があります。

他にこんな記事も読まれています

-うつ病・症状

Copyright© うつは治る!うつ病の治療法や克服方法まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.