うつ病・症状

うつ病がなかなか治らないのはなぜ?うつ病治療のチェックポイント

更新日:

うつ病がなかなか治らないのはなぜ?うつ病治療のチェックポイント

一生懸命、治療に専念しているのになかなか治らない。うつ病の中ではたまにこういう人を見かけることがあります。

治療しても直る兆しが見られないと、ますます焦って気持が落ち込むばかりですが、なぜそのようなことになるのでしょう?

今回は、うつ病がなかなか治らない時のうつ病治療のチェックポイントについてご紹介していきます。

 

回復期の無理は治らない!あともう少しの踏ん張りどき

うつ病がなかなか治らないのはなぜ?うつ病治療のチェックポイント

うつ病では、急性期を乗り越えるといったん回復期に入り、そこで症状が和らぐようになるのはご存知かと思います。

注意したいのは、症状が和らぐことでまるで完治したかのような気持になることですが、人によってはそこから復帰を急いで仕事に励んでしまう人もいます。

しかし、この回復期の無理な頑張りが本人にとって落とし穴になってしまうのです。

回復期では確かに症状は軽くなりますが、しかしそれでも完治したわけではないのです。

むしろ、完治に向かうまでの流れの一つに過ぎないので、ここで無理をしてしまうと全てが台無しになり、症状がぶり返してしまうことに気をつけなければなりません。

スポンサーリンク

実際、うつ病がなかなか治らない人の中には、この回復期に無理をしている人が少なくありません。

 

自己判断で薬をやめると治らない!医師の指示は必須となる

うつ病がなかなか治らないのはなぜ?うつ病治療のチェックポイント

病院で渡される薬についても同様のことがいえるでしょう。症状が辛いときは一生懸命薬を飲もうとするのは当然ですが、しかし少しでも症状が治まってくると、自己判断で薬をやめてしまう人もいます。

薬はもちろんいずれはやめることを目指しますが、でも途中で急にやめると、かえって症状を悪化させてしまうことがあるため、これに注意しなければならないのです。

薬は医師の監督のもとで徐々に減らしていくのが望ましいので、決して自己判断で中止することが決してないようにしましょう。

自己判断による薬の急停止は、症状をぶり返させる大きな要因となっていることを忘れないでください。

 

自分に合わない医者は治らない!医者との相性も考えよう

うつ病がなかなか治らないのはなぜ?うつ病治療のチェックポイント

精神科ならどこでもいいと思うかもしれませんが、自分に合う医者にかからなければ治療効果は十分に期待できません。

特にセラピーを通じて思考トレーニングを行う場合は、医者とのコミュニケーションが重要になるので、相性の悪い医者にかからないようにすることも大切です。

この点、うつ病を治す時は、良い医者を探すことが重要なポイントになるといえるでしょう。

そして逆にいえば、に良い医者に巡り合えなければ、いつまでたっても治らない可能性もあるといえます。

 

根本原因をしっかり見つめてうつ病を治そう

うつ病がなかなか治らないのはなぜ?うつ病治療のチェックポイント

スポンサーリンク

目先だけの表面的な治療をいくら行っても、うつ病になった原因を根本から取り除かなければ、決して完治できないことも知っておいてください。

なぜなら、うつ病になる原因は人それぞれであり、その原因に合った根本治療を行わなければ意味がないからです。

例えば、仕事に原因があるなら仕事の問題を解決しなければなりませんし、家庭に問題があるなら家庭を、人間関係が原因なら、人間関係を処理しなければうつは治らないでしょう。

このように、根本原因を解決してこそうつ病の効果的な治療ができるということです。

他にこんな記事も読まれています

-うつ病・症状

Copyright© うつは治る!うつ病の治療法や克服方法まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.