うつ病・症状

うつ病治療は家族のサポートが鍵となる!家族の心構えには何がある?

更新日:

うつ病治療は家族のサポートが鍵となる!家族の心構えには何がある?

自分の家族がうつ病になってしまったら、どのように対処すればいいのでしょうか?

実は家族が効果的にサポートすることは、本人の治療をスムーズに進めていくうえでとても重要なことなのです。

したがって家族として具体的にどんなサポートができるのか、その方法を考えてみる必要があります。

今回は、うつ病治療のための家族のサポートと心構えについてご紹介していきます。

 

家庭をリラックスできる場所に!うつ病患者への環境づくり

うつ病治療は家族のサポートが鍵となる!家族の心構えには何がある?

うつ病患者にとって一番大切なことはなんだと思われますか?

それはなにより、安心して過ごせる環境を作ってあげることです。

ストレスになるようなものが多かったり、本人をいつも急かすような環境があれば、どんな治療を行っても高い効果は望めません。

だから、いつでもそこにいるとリラックスできて何も気兼ねすることなく安心して過ごせる環境、それを家族が積極的に作り出してあげましょう。

スポンサーリンク

そうすれば、本人の抱える症状を和らげたり回復させたりすることができるはずです。

 

うつ病患者の話には耳を傾け肯定して受け入れよう

うつ病治療は家族のサポートが鍵となる!家族の心構えには何がある?

うつ病の人はいつもというわけではありませんが、自分の気持ちを誰かに聞いてもらいたいと思っているものです。

そういう場合に家族に話しかけてくることがあるかもしれませんが、その時は絶対に拒否してはなりません。

むしろ、積極的にまた全力で本人の話に耳を傾けるようにしてください。

とにかく聞くという姿勢が一番大事なので、決して巧みな返答やアドバイスができないとしても、ひたすら一生懸命に全身全霊で聞いてあげるようにしてください。。

逆に、論理的であっても否定したり嫌なことを口にすれば、本人の気持は暗くなり、ますます落ち込むようになるので、そういう対応はしないようにしましょう。

絶対に否定的にならないこと、そして積極的にうなずいて肯定すること、この二つ大事なポイントです。

 

うつ病患者に受診をすすめるのは身近な家族の役目

うつ病治療は家族のサポートが鍵となる!家族の心構えには何がある?

うつ病患者の中には、自分で病気であることを自覚していない人、また自覚はしても病院に行く必要性を感じていない人もいます。

でも実際には生活に支障をきたす症状が表れており、専門ドクターの助けが必要になっているという場合もあるかもしれません。

こういう場合は、家族がタイミングに注意しながら、病院に行くことを勧めてあげる必要があるでしょう。
知人やライバルから言われると抵抗感がありますが、信頼している家族から言われると本人も受け入れやすいことでしょう。

スポンサーリンク

 

うつ病患者には不用意な励ましは絶対にNG!

うつ病治療は家族のサポートが鍵となる!家族の心構えには何がある?

これは基本的なことでもありますが、家族であれ知人であれ、うつ病患者に対しては絶対に不用意に励ましてはなりません。

励ますことはとてもいいことですが、それは普通の人の場合であり、うつ病の人はすでに心がいっぱいいっぱいになので、その状態で励ましても、もっと頑張れとプレッシャーを与えることになり、元気が出るどころかもっとナーバスになっていく可能性があります。

したがって、不用意な励ましは本人を追い込むだけになるということを覚えておいてください。

むしろ、その人がよく頑張っていること、本人も気づいていない実績に気づかせてあげれば、本人に自信と勇気を与えられるようになるでしょう。

スポンサーリンク




他にこんな記事も読まれています

-うつ病・症状

Copyright© うつは治る!うつ病の治療法や克服方法まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.